FC2ブログ

記事一覧

クラウドファンディング詐欺、債権回収成功!

2015年春、ネット上に画期的なセルフィードローンが登場して、世界中を驚かせた。

lily-camera.jpg 




まだ製品化されていない、所謂クラウドファンディングだが、その当時の紹介ビデオがこのyoutube動画だ。

 




水にも強い!放り投げれば追尾してくれる!コンパクト!

まだドローンについて何も知識がなかった吾輩は、Lily Roboticsの若者達の夢に投資することにした。

将来市販されると15万くらいを予定されていた製品だが、吾輩が投資したクラウドファンディングの支援金は、一機分の529$

日本円にして、だいたい6
万円くらいだ。

Your confirmation for Lily-2 

世界中から投資が集まり、その総額は40億円だったそうだ。

日本国内でも、製品化後の販売による利益を見込んで、数百台分、投資した人もいると聞いた。



その後、メーカーからは、進捗状況のメールや開発動画はちょくちょく入ってきて、それを見るのもワクワクするものがあった。

メール Lily Robotics社から

しかし、年が明けても、いっこうに完成しない。

それでも、製品を注文したわけではなく、所詮はクラウドファンディングなので、気長に待っていた。


更に年が明けた2017年。

年明け早々、この会社が破産したという衝撃的な情報が入った。

さらに衝撃的だったのが、前述の夢のような動画もインチキであったとのこと。

最初から計画的な詐欺だったという説もある。


期待していただけにがっかりはしたが、投資額も泣き寝入りできる額だったので、「まあ、仕方ないか・・・」と諦めることにした。

ところが、その後、アメリカの債権管理機関から、一通の英語のメールが入った。

日本でも債権回収できなくなったときなどに、破産管財人から来る問い合わせの通知だ。

内容は、次のようなもの。

「あなたの注文番号と購入金額を〇〇日までに報告してください。期日までに報告がない場合には、あなたは債権を放棄したものと見做します」


放棄しないよ!(w)


ということで、イギリス在住の実妹などの協力を仰ぎ、指定期日までに、英語の報告フォームに被害状況を入力し、送信。


しかし、「40億円のうちのたった6万円だから、まず回収はできないだろうな・・・

とあまり期待はしていなかった。

少なくとも、日本だったら、回収は絶望に近い吹けば飛ぶような少額被害額だ。



余談だが、クラウドファンディングへの投資で一儲けしようとして、被害に遭うとヒステリックに大騒ぎする人もいるようだが・・・

吾輩から言わせると、みっともない。自業自得であろう。

ハイリスク・ハイリターンは世の常。

どんな結果になろうとも、潔く諦める覚悟が必要だろう。

みっともなく騒ぐくらいなら、最初から投資などしない方が良い

・・・・と思う。



さて、まったく期待せずに、そのこと自体も忘れていた吾輩だが・・・

同年(2017年)の年末に、アメリカから吾輩宛に本人受取限定郵便が!

封を開けると為替小切手が入っていた。

Lilly 債権回収 為替小切手


そして、銀行に持参した結果、後日、無事 
50,700が振り込まれた。

アメリカの債権回収機構・・・というかシステム・・・優秀だ!(^_^)


なお、蛇足ながら、もしもこのドローンが製品化され、手元に来たとしても、日本の法律では飛ばすことはできなかった。

なので、いろいろな意味でメデタシメデタシでR!

 

スポンサーサイト

プロフィール

whitechipshark

Author:whitechipshark
好奇心旺盛、止まると死んでしまう回遊魚系の中年オヤジです。

フェイスブックの機能では書けないような記事をフェイスブックリンク用としてアップしてます。

そのため、ブログにはコメントができない設定になっていますのでご容赦ください。

最新コメント